2016年05月08日

奈良へ

ゴールデンウィークは二泊三日で奈良へ行ってきました。
5日からスタートしたので比較的すいていましたが、外国人観光客はものすごく沢山でした。

奈良は修学旅行で行ったきりだったので、正直あまり記憶が無く、奈良公園も街中の公園をイメージしていましたが全然違いますね。公園と言ってもいつの間にかに森や山に居るような広大さで、どこから公園でお寺で山だかわからない、そんな風でした。そしてもちろんシカも沢山。
東大寺の辺りも人気スポットだし、さぞかしわいわいガヤガヤと思いきや、少し道を違えただけでひっそりとした佇まいには驚きました。

奈良と言えば、「入江泰吉」という写真家の写真集を二冊ほど持っています。
奈良、大和路を撮りつづけた写真家です。
テレビコマーシャルで写真を見たのがきっかけで何年か前に購入しました。
東大寺の近くにある依水園という庭園に行くため、東大寺裏の道を歩いていたら偶然その入江泰吉の邸宅に出くわしました。
残念ながらこの日は中は見れませんでしたが、曜日が合えば中を見学できるのだそうです。
あんな素朴で素敵な写真を撮る人はどんな生活をしているのか、次は見てみたいです。

初日は奈良公園周辺と奈良町歩き、二日目は土砂降りの雨の中、庭園をいくつか見て回り、東大寺、春日大社にもお参りに行きました。
最終日は電車で奈良駅から1時間ほど走り「長谷寺」へ。
帰りがけに「今井町」という古い町並みを散策し、東京へ戻りました。


IMGP8128.JPG
奈良公園にて

IMGP8173.JPG
ここからは依水園
江戸時代と明治時代に造られ、前園と後園とで趣が違います。

IMGP8325.JPG
東大寺の南大門を借景といています

IMGP8287.JPG

IMGP8293.JPG

IMGP8295.JPG
飛び石や沢渡石の使い方が面白く、勉強になりました

IMGP8317.JPG
これは伽藍石といって元は柱の土台に使ったもの、今は庭園の踏み分け石などでよく使われます。
ここでは所々で景石風に使っていました

IMGP8319.JPG

IMGP8321.JPG
職業病か、葉の並びも気になってしまいます

IMGP8323.JPG

IMGP8351.JPG

IMGP8232.JPG

IMGP8399.JPG
こちらはなんと奈良公園内の風景!
まるで山奥の里山の景色ですね。


IMGP8409.JPG
長谷寺へ向かう参道です。

IMGP8415.JPG

IMGP8419.JPG

IMGP8412.JPG

IMGP8418.JPG
こんな風景にも出会えました。


IMGP8435.JPG
長谷寺の有名な上廊、平安時代に造られたそうです。
ものすごく長くてびっくりしました。後で調べたら108間、399段あるそうです!

IMGP8440.JPG
長谷寺ではボタン祭りが開催されていました。

IMGP8462.JPG

IMGP8486.JPG

IMGP8452.JPG



IMGP8492.JPG

IMGP8507.JPG
最後に行った今井町の風景です。

最近はご朱印集めにはまっています!
旅の楽しみの一つです!

IMGP8520.JPG

IMGP8519.JPG

奈良は、同じ古都でも京都とはまた違った歴史を感じられる場所。
入江邸も含め、飛鳥方面などまだまだ行ってみたい所が沢山あります。
また近いうちに行きたいと思ってます。


posted by uehiro at 21:43| Comment(0) | 日記

2016年05月04日

茶庭造り D

ゴールデンウィークに突入しましたね。
前回も書いたように、まだ細かい作り物と坪庭は完成しておりませんが、お茶庭としてはほぼ完成したので、写真を載せたいと思います。

まずは苔を貼った後、夜に撮影したもの。
貼り終えた時はもう真っ暗になってしまいました。

IMG_1272.JPG

IMG_1274.JPG
敷石は、切り石と自然石の高さのバランスがとても大切になります。

IMG_1277.JPG

IMG_1278.JPG
完成した蹲です。


そして昼間。
これは自分でなく妻に撮ってもらいました。自分より上手なもので。
ホースが見えていますが・・。

IMG_1318.JPG

IMG_1353.JPG

IMG_1319.JPG
枝折戸手前から奥、茶室側を眺めた景色。
松の幹と茶室以外は全て今回新しくしたものになります。

IMG_1330.JPG
縁先蹲脇の景色です。
残念ながら縁先全体は撮られていませんでした・・今度載せたいと思います。

IMG_1331.JPG

IMG_1341.JPG

IMG_1345.JPG


今回使った樹木
落葉樹 ヤマモミジ、イロハモミジ、ショウジョウモミジ、ミツバツツジ、クロモジ、シロモジ、バイカウツギ、常緑はソヨゴ2本、マキ、ヒサカキです。
造りたてというよりは、昔からそこにある、そんな雰囲気を出せるように努力しました。
そして、あまり植え過ぎず、間や空間を大切に作りました。あえて垣根で遮蔽することにより、空間の広がりや奥行きを感じられるように。
お茶庭としての機能はもちろん、懐かしさや安らぎも感じてもらえるような存在になってもらえたら幸いです。


posted by uehiro at 19:50| Comment(0) | 庭造り

茶庭造り C

お茶庭作り、第四弾です。

植木もすべて準備し、一気に仕上げにとりかかります。
人員5名、二日間の大仕事!

IMG_1246.JPG
蹲を組んでいます。
透水マスを仕込み、自然排水にしました。
蹲のウミも今回は土決め、セメントは使いません!


IMG_1250.JPG
押し縁、屋根を取り付けます。
和風庭園の仕事は全てメートルではなく、尺で進めます。
例えば垣根の穂の高さは5尺5寸、そこから屋根まで1寸5分という具合に。

IMG_1254.JPG

IMG_1261.JPG
植栽も決まりました。


IMG_1263.JPG
蹲が筧以外は完成。


IMG_1266.JPG
そして、いよいよ苔貼りです!
苔は基本をスギゴケ、日陰や根回りなどはハイゴケを使用しました。

材料の関係で塵穴、筧、井戸蓋など、細かいものは連休明けの製作になりますが、庭としては仕上がりましたので、次回に載せたいと思います。



posted by uehiro at 19:15| Comment(0) | 庭造り