2019年05月21日

自転車のこと

今回は大好きな自転車の話を書いてみたいと思います。

私は、以前はタイヤの細いロードバイクを乗っていましたが、今は夫婦揃って「グラベルロード」という林道を走れるような、タイヤを太くした自転車乗っています。

数あるグラベルロードの中でも私はジェイミスというメーカーの「レネゲード」という自転車を買いました。
なぜこれにしたか?理由は色々とあるのですが、決め手はこちら!
https://www.youtube.com/watch?v=b-49IqjHlXE&feature=youtu.be
どれがいいか選んでいる時にメーカーのこの映像を見てすっかり欲しくなってしまいました(笑)


そして実際にこの自転車、乗ってみたらほんとに楽しい!!
道が悪くても突然の砂利道でも全然気にすることなく、林道のような道へどんどん入っていけます!
以前ロードを乗っていた時は街中でもよくパンクしましたが、今はパンクは皆無です!
素材もクロモリと言って鉄でできているので重さはありますが、キャンプ道具を沢山載せて山を走っても全然重さが気になりません!
荷物を積んで楽に遠くまで走れる、そんな自転車です。

車でよくキャンプへ行くのですが、この自転車を買ってからキャンプツーリングにも行くようになりました。
昨年妻と秩父方面にキャンプに行った時の写真です。

IMG_2438.JPG
こんな険しい道を難なく走ってしまいます(体力は別ですが・・)

IMG_2458.JPG
そしてこれだけの荷物を搭載できます!


車でキャンプに行く時も自転車は持っていきます。
私たちはテントは張らずに、カーサイドタープ+車中泊、というスタイルをよくするのですが、キャンプ場についたらまず寝床とリビングを設営して、買い出しや遊びは自転車、という感じです!

IMG_0981.JPG

IMG_0813.JPG
自転車と車中泊、装備も簡単で最高です!

IMG_0939.JPG
日光にキャンプへ行った時



そして昨年は電車に自転車を積んで伊勢志摩へ持っていきました。

IMG_E1532.JPG
パールロードより!

IMG_E1550.JPG
こちらもパールロード。
この景色を見るためには地獄のような上り坂も覚悟しなければなりません・・。

IMG_1466.JPG
伊勢半島を回った時の装備です。

この時は最寄りの西荻窪で自転車をばらし、電車に載せて伊勢駅で組み立てました。
そして、伊勢神宮をスタートし、賢島まで3泊4日で半島を回りました。
途中、漁師宿に泊まったのですが、この時の食事がテーブルに乗りきらないくらいの魚尽くし!
おいしい料理と酒で疲れた体がほんと癒されました。

それから、自転車だと気になったらすぐ止まれて、気の向くままにわき道を入ったり、思わぬ景色に出会えたりと本当に自由です!

IMG_E1445.JPG
こんな日の出にも出会えました!!

と、足早に書いてきましたが、これからもこの度のスタイルは続けていきたいですね。
次は新幹線&輪行で九州へ行く計画を立てています!

自転車旅、お勧めです!!
posted by uehiro at 22:31| Comment(0) | 日記

2019年05月13日

久ぶりの投稿です!

みなさん、本当にご無沙汰しております。
忙しさにかまけて、本当に長い間更新をさぼっておりました。
その間にコメントを頂いていたのにも気づかず、1年もの間返信もせず、反省しております。
これからまた忙しいシーズン到来ですが、ブログ頑張って書いていきます!


植浩も現在は二人の若い衆を迎え、忙しく頑張っております。
この冬も、ありがたいことにお庭を造らせていただきました。
その模様も、後日載せていきますので、また覗いてください!!
posted by uehiro at 22:18| Comment(0) | 仕事

2018年01月22日

梅のお話し

東京はすごい雪降ってますね!
私の住んでいる杉並区(ほぼ吉祥寺と練馬との区界ですが)は大分積もってきましたよ。

今日はちょっとした梅のお話し。

梅には大きく分けて白系と赤系がありますね。
まだ花が咲いていないとき、その梅が白系なのか赤系なのかを見分ける方法があるんです。

それは小さな枝を少し切って、切り口を見ること。
そうすると、白系の梅は切り口が白く、赤系の梅は切り口が花と同じようにちゃんと赤くなっているんですねー。

下の写真はその切り口です!(ネットからの引用ですが)。

20101222_1614955.jpg
白花の切り口

25039266_1966926676680664_3386963569848352768_n.jpg
赤花の切り口

以上、梅の小話でした!

posted by uehiro at 13:43| Comment(0) | こばなし